ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

うねり

本業以外のことを頼まれる



引き受ける



知識も経験もないからしんどくなる



勉強する



奥深さに唸る



粘る


という波を、いくつ乗り越えてきたでしょう。

自分なりに考えると、これは五つ目の波。


転覆せずに粘ってこその、結果が出たときの気持ち良さ。

四つ目までは、結果を出した。

これも出そう。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-23 02:42 | グラジオラス

手縫いの時間その7

電話中や仕事中に、メモをとって貼る、という行為をよくします。
なにしろ物忘れが激しいので。
小さなメモ用紙に書き留めて、マスキングテープで貼る。

もとは1000枚綴りだった小さいメモ用紙が数十枚ずつにばらけて、
最近は作業スペースのあちこちに散らかりがちだったので、
布でトレーのような小物入れを作りました。


d0103548_22435538.jpg


レースを買った時おまけで入っていたリネンの端切れと、綿麻オックスのコンビネーションで。


こちらを参考にしました。
http://kumabo.chelin-chelin.shop-pro.jp/?cid=19352

が、はじめはしくみがピンとこなくて。
直方体の展開図をイメージして図を書いてみて、やっと理解したという…

でも二枚の生地で直方体ができるのは楽しかった♪

d0103548_2243514.jpg


これをトレー状にすると、

d0103548_22431841.jpg


ばらばらになったメモもすっきり♪

あっという間にできるので、気分転換にちょうどよかったです。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-15 23:07 | 朝顔

松は花より朧にて

今日は衣装を求めて大津まで行って来ました。

滋賀県、初めて!
今月も、白地図を新たに塗れる所が増えました。


唐崎神社

後ろに琵琶湖が見えます。

d0103548_22163966.jpg


そして唐崎の松

安藤広重の浮世絵「近江八景之内 唐崎夜雨」にも描かれた景勝地。
唐崎の夜雨は近江八景の一つです。

d0103548_22334438.jpg

辛崎の松は花より朧にて  松尾芭蕉

唐崎の 松は扇の要にて 漕ぎゆく船は 墨絵なりけり  紀貫之

わたしはこの、紀貫之の短歌が好きです。


おなかがすいている時間に着いて、レストランをやめてこのベンチでサンドイッチにしました。
今日は暑かったけど、湖面を渡ってきた風は少し冷たかった。

d0103548_221739.jpg


d0103548_2218235.jpg


芭蕉の「花」はきっと桜ですが、神社の敷地内には藤棚もありました。
もう散りかけているけれどきれいでした。

d0103548_22171675.jpg



さてもう一つの「花」

この日帰り旅の目的は衣装探しです。

単衣のアンティークを求めてtentoさんへ。

単衣は貴重なので、すぐに桃色かブルーの二択になりました。
わたしはブルーの着物のほうが好きなのだけど、
tentoさんもその場にいらした方々も、桃色のほうが似合うと。
それもかなり力強くおっしゃるので、歳を考えると躊躇しつつも、こちらの小紋を購入。

d0103548_22565654.jpg


帯は華やかな刺繍の絽。
ちょっと可愛らしくなりすぎな気もしますが…。

tentoさん曰く、何歳かより、似合うかが大事!

ほんとにまだ似合うのか!?と自分では思うわけですが、
実はわたしの気に入ったブルーのほうがお値段は高かったので、
商売云々を抜きにして勧めてくださっているんだなと思って決めました。
tentoさんのセンスは信頼しているので。

しかも、服にはお金をかけないわたしの予算でさえ、かなりのおつりがくる良心価格。
そこで、スリーシーズン使えるステキ帯も。

d0103548_22571279.jpg


それでもおつりがきたので割烹着も買っちゃいました♪

それにしてもtentoさんのショップは目の保養、心の保養になります。

疲れたけど有意義なお買い物、そして旅でした。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-13 23:18 | 椿

手縫いの時間その6

d0103548_2224449.jpg


ダブルガーセで半衿と帯揚げを作りました。


半衿は

110cm幅の布を18cmのところで裁断→両脇を三つ折りにして縫う、だけ。

ガーゼはとてもほつれやすいので。

でも肌ざわりが優しいから、半衿にはぴったりです!


帯揚げはと言うと、市販のものは常々大きすぎると感じていまして。

こんなに長さ、要る!?と思うのはわたしだけでしょうか。

十人十色で裄や着丈が違うのに、帯揚げはワンサイズがほとんど。

腰周りが細いと布が余り過ぎて、最後に帯に入れ込むときもたつくのです。

そこで市販では190cmのところを約160cmに。

幅もかなり狭くして24cmで作りました。

と言ってもこの生地は100cmしか買っていないので、80cmを二枚、

中央で袋縫いにして一枚の帯揚げにしているのです。

縫い目が枕の中央にくるので、見えません。

コットンの帯揚げは以前も作りましたが、本当に締めやすいです。


d0103548_2219438.jpg


絹のようにつるつるせず、したっと落ち着いてくれます。

もちろん正装では使いませんが、

ふだん着物やアンティーク着物にはじゅうぶん楽しめます。


水玉もようの帯揚げ、ぜったい可愛いと思う!

明日は着物が着られるかな。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-10 22:24 | 朝顔

花菖蒲の繻子帯

今日は頂キモノ。

座長のおばあちゃんのだった紬。


d0103548_20495422.jpg



そして今日の主役は花菖蒲が刺繍された繻子の帯。


d0103548_20501297.jpg


座長のコレクションだったものを譲り受けたもの。

色使いといい刺繍のデザインといい、アンティークらしい可愛さにあふれている。

前幅部分の花菖蒲はふくらんだ蕾、お太鼓には満開のが。


d0103548_2221220.jpg



この着物に割烹着を着るのが好き。

なんだか懐かしい雰囲気になるよ。


d0103548_20591189.jpg

[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-09 21:02 | 椿

薔薇つむぎ2

薔薇のもようの紬を着ました。


d0103548_231828.jpg


今日は急きょフレンチレストランに行くことになったので、

薔薇は洋花だからこの着物、

ワインを頂くからこの帯、

という単純なチョイスです。


d0103548_2312360.jpg


久しぶりのワインはとても美味しかったです。

お料理は言うまでもありません。

シェフの味は、いつも人を幸福な気持ちにしてくれます。

たまには外食もいいですね。

プロの作るものは。


d0103548_2314051.jpg

[PR]
by momo-rose-fish | 2013-05-04 23:10 | 椿