ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

when his nature appears

今日からバレーボール男子・オリンピック世界最終予選が始まりましたね。
いきなりすごい試合でしたが。
あの第4セットのマッチポイントをなぜ…ということではなく。

第2・3セットを日本がデュースで取ったのを見て、ふと甦った思い出。

あたしの一つ先輩の代の高総体・男バレ県大会。
うちはキャプテンのエースが169cmと小柄だけど、粘ってつなぐいいチームでした。
相手はかなり高さで勝る強いチーム。

第1セットは競り勝てず、第2セットも敗色濃厚。
ところが9-14から奇跡が。

とにかくみんなで拾って拾って拾いまくって、キャプテンに上げる!
当時はラリーポイント制ではないので、サイドアウトを繰り返しながらジリジリ追い上げ、
ついに16-14で大逆転!

続く第3セットはシーソーゲーム。
連続ポイントでうちが波に乗るかと思った相手エースのスパイクアウト。
沸き上がるベンチ。
ところが。

ライトの先輩が副審に挙手、
「今自分、ワンタッチしました」
とまさかの自己申告。

スピードが速いので、指先のわずかなワンチは審判も見逃すことがある。
それどころか明らかに触ってるのにノータッチだと抗議する選手もいる。
なのに。

フルセットの激闘の末、結局その一点に泣く結果となりました。

当時の鬼監督も感銘を受けたようで、保護者への報告書にこう綴っています。
「普通の選手ならばあそこで手は挙げない。
私も正直、なぜそこで…と思ってしまった。
しかしあれが本来のスポーツ選手の、高校生のあるべき姿だ。
ああいう場面でこそ、人間性は出るのだ。
フェアプレーとはどういうことか、改めてこの選手達に学んだ気がする。
このチームを心から誇りに思う。
試合後のキャプテンの笑顔が忘れられない。
本当は死ぬほど、悔しかったはずです。」

バラバラだったチームを苦労してまとめ、
小柄な身体でチームの得点の大半をたたき出し…
一番悔しかったに違いないのに。
みんなが泣いている中、
ほんとうに爽やかな、すがすがしい笑顔でした。

そのキャプテン、当時からバレーの指導者になりたいと言っていました。
関東の某中学校の監督として、まさに今日、県大会出場を決めたそうです。
良いチームを育てているんだろうな。
亮さん、勝利おめでとう☆*:・°★:*:・°

追いこまれた時
望まない結果に終わった時こそ
その人間の本質が表れる。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-05-31 23:58 | グラジオラス

dog-tired

病院帰りの桃で~す。

血抜いてフラフラ~(*_*)
「立つ」「歩く」を「一生懸命」しないとできない。

採血、一度で成功した試しがないのよね…
血管が細くて、必ず数回射されるの。
今日も左腕にうまく針が入ったのに、なぜか血が吸い上がらず…
中で針をこねくりまわされて痛い痛い。

その様子見てるだけで貧血になりそう。
いや、貧血検査なんだけどね。
結局右腕に射し直し。
今日は左腕、挙がりません(>_<)

体温がいつも35度台前半&暖かい今日も手足が異様に冷たかったので、
漢方薬も処方された。
マメに飲まなきゃなー。

何事もありませんように☆*:・°
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-05-27 19:57 | 鈴蘭

can you hear me ?

d0103548_18374057.jpg

ただいま山形のラジオモンスターに出演してきました!

う~、ドキドキした。

実は前回山形営業に来た時あたし、ラジモンさんの前をたまたま通り掛かってね。
何も考えずピンポーンって鳴らしちゃったの。

現れたステキな男性にチラシ渡して直談判。
「今度出してください!」
その後道端で偶然お会いした時も、
「ひとつよろしくお願いしますね!」
と呑気にプッシュ。

急きょ本日出演させて頂く運びになったのですが…。

スタジオ入ってびっくり!
その男性、ラジオモンスターの看板DJ、奥山さんだったのね。
軽妙なトークと甘い声、さすがプロ☆
奥山さん、ありがとうございました!
来月もよろしくお願いします。

帰り道、気持ちいい風が吹いていて、蔵に立ち寄る。
オーナー駒谷さんが見せてくださった山形新聞には、魚類の薔薇がかなり大きく取り上げられていました!
山形の方、昨日の山形新聞の朝刊をぜひチェックしてくださいね。

写真は夕暮れ前の山形・駅前大通り。

さて…これから仙台帰って仕事です…。
がんばれあたし。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-05-23 18:37 | 薔薇

coming soon !

d0103548_1520397.jpg

公演まで一ヶ月をきったので、あらためて。
順調にご予約が入り始めています。
ご来場予定の方、どうぞお早目のご連絡をお願いいたします。


魚類の薔薇 第12回公演 『花瘤―hanakobu』

赤ちゃんを授かることを夢みるある新婚夫婦。
新婚さんには明るい未来と幸せな家庭が待っている…はずだったのに。
彼らの日常はそんなに悪いものじゃなかった、
あの日<隣人>がやってくるまでは…。


作・演出…半田深雪
出演…桜桃・菊池修・伊東麻紀(楽天夢座)・深雪

6月14日(土)17:00~
        20:00~   (各回定員20名)
  15日(日)17:00~

@蔵・だいます&ギャラリー絵遊
山形市諏訪町1-4-10

☆前売&ご予約(日時完全指定
一般 1500円
学生 1300円   いずれもお茶とおやつ付き

無料駐車場あり、要予約

★ご予約&お問い合わせ
TEL 090-2880-9109
E-MAIL rose-barabara@softbank.ne.jp

もしくはあたしに直接メール・電話を。
地図等詳細入りのフライヤーご希望の方には郵送いたします。

ご来場、心よりお待ちしております☆
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-05-19 15:20 | 薔薇

without knowing why

d0103548_58423.jpg

先日は母の日でしたね。
二日遅れであたしがカーネーションの花束を贈ったのは、1'st shipの裕子ママでした。

学生時代、四年間働かせて頂いたステキなバー。
先日山形営業に行った際、ママにお食事をご馳走になりました。
去年1'st ship閉店の日に会って以来。
じっくり話すのは7年ぶり。
なのに
一目で距離も時間もギュッと縮まる。

大学時代
あたしは仕送りをもらわず、
授業料は免除、家賃は奨学金、生活費はバイトで賄っていた。
むしろ今以上のプロ根性で働いていた桜。

ある日、1'st ship温泉旅行が企画されます。
と、様々な事情を知るママが
「あなたの分はママが出すから。
他の女の子には内緒ね。」
「そんな、旅行代くらい自分でもちます」
「じゃあ、連れて行かない」
こんなやりとりが数回、結局あたしだけママに招待して頂いた。

それなのに当時うまく感謝を表現できなかった桜。
ママの気持ちがどんなに嬉しかったか、ありがたかったか、やっと伝えることができました。

留学のためにあたしがお店を辞めるとき、ママは大病で手術をし、療養中でした。
にもかかわらず心のこもった盛大な送別会をしてくださったこと。

術前にお見舞いに行ってもうまくママを励ませず、ほぼ口を真一文字に結んだままで。
帰り道は子どものように心細くて泣きながら歩いたこと。

たくさん思い出して、甦って、この尊いつながりに改めて感謝。

1'st shipのママにしか言えない数々の貴重な助言。
あたしにはまだまだやれることが、やらなければいけないことがある。
計り知れないパワーをもらった。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-05-15 23:58 | グラジオラス