ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

decision

石巻→仙台の電車に揺られつつ。
片道一時間半
今月は毎週通っています。

石巻での稽古は、厳しい。
大きな舞台の稽古は、特に。
「カルチャーのお稽古は温室、うちは戦場」
とお師匠さんはおっしゃいますが、比喩ではなく実際そのとおりだなと。

「あなたよくついてくるわね、感心」

…まあ実際ついていってるかは別として、
学生時代は体育会系でよかったとつくづく思う。
中学であの厳しさに慣れていなかったら、
弱いあたしの心なんかすぐに折れちゃって、
とてもとても石巻の稽古場にはいられないと思う。

そして何より、社中の方々がほんとうに親切。
芸歴何十年の大ベテランの名取さんばかり。
その中にぽんと入ったあたしを、表で裏で助けてくださいます。
上手い方々と踊るのが上手くなる近道。
あたしは、なんて恵まれているんだろう。


花祭りのお稽古のあと、一人残って個人レッスン。
夏の勉強会で踊るつもりの「羽根の禿」と
カルチャーでお稽古中の「木更津甚句」

終了後、10月の石巻文化祭の舞台にもお声をかけて頂いた。
毎年楽しみに観に行っている舞台。
一般の方々がお金を払う舞台にのるなんてとても!
と卒倒しそうになっていると

「上に立つ人はね、その人の芸がいいと思うから依頼するの。
そもそも心配な人にはオファーしないもの。
私なんて下手だから云々
私なんかでいいんですか云々
の言葉は、いらないものよ。」

どうですか?すごいですよねお師匠さん。
なるほど
なんて思ってちゃいけない。
実際未熟で下手なわけで。
そう言うことで弟子を頑張らせる。


チャンスを与えられるうちに、
それに応えられる健康な身体があるうちに、
自分と芸を磨くのだ。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-03-29 20:57 |

dear readers

d0103548_1635656.jpg

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、
もう一つブログを始めました。

桜桃としてではなく、江畠美保として。

つまり、次回作「花瘤」の主人公になりきり、役作りのために書いています。

これは舞台に乗せるための課程だし、誰にも言っていなかったのですが、
今日の日記は読んでいただけたら、と思いました。

右にリンクしてある「さくらんぼパフェ~花瘤~」がそれです。

地下鉄のくだりは実話なんです。
もうほんとにかっこよかったのです、彼。

脚本の前半を読んで、演出家と話して、
あたしが感じた美保像を綴ってゆきます。

もちろん桜桃のフィクションですが、
エピソードは実際にあたしが経験したことや過去のレンアイ!?
に基づいているものが多いです。
まあ、新婚への憧れが尋常でないため、妄想90%ですが。

どのへんが実話でどのへんが妄想か、
あれこれ勘ぐりながら読むのが正しい読み方。

よろしくね。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-03-21 16:03 | 薔薇

banquet of wisteria

d0103548_0594967.jpg

藤石会 春の勉強会

舞台で初めて一人で踊らせて頂くことになり
人生でいちばん緊張した!
受験や告白なんてメじゃない!!

以前、本番で突然真っ白になり棒立ち、あるいは引っ込んでしまう人を見たのを思い出し
ゾ~ッとする…

見ている方々が名取さんばかり、というのは更にプレッシャー。
しかも失敗したら、一人舞台を用意してくださったお師匠さんの顔に泥をぬりかねない。

荒城の月
プログラムでは後半のはずだったのに、突然順番が入れ替わって初めに!
前半、扇子を持つ手がふるえた。
が、去年何度も練習したので身体が勝手に踊ってくれた感じ。

花車
足の運びや視線に悔いが残る…
が、大好きな曲なので歌詞をよく聴いて大切に踊った。
写真はこの曲の手をおさらい中。

以上ソロ二曲とも、なんとかミスなく終了。
いや~
ひゃっひゃっひゃ

六段くずし
受験シーズンで丸一か月稽古に行けず、皆さんに追いつくのが大変だった!
でも楽しく踊れた♪

初春三番叟
この踊りで使うために鈴を買った…15,750円也。
あううぅぅ…元をとるまで日舞やめられない。

そして最後は全員でさんさしぐれ

第二部は講習会
①型…「水・舟」
②実習…北上夜曲

そして食事会
みなマイクを回して一人ずつ感想や反省など述べる。
石巻の方々が名指しでほめてくださり嬉しかった!
いちばん若いから飴を与えられているわけですがね。

そしてお師匠さんには落ち着いて見えたようで
「あなたは絶対間違わないで踊ると思ってた」
ピリッと引き締まった瞬間。

来月は昨年に続き花祭りの舞台。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-03-17 00:59 |

exhibitions

d0103548_23574267.jpg

先週に続いて土曜日が休み♪

風が強いけれどあたたかく、日中は外を歩くのが気持ちよかったです。
春がいちばん好き。

「昭和のくらしと遊び展」

たまたま電力ビルを通りかったら、懐かしいいろいろが展示されていた。
茶の間が再現されていて、三丁目な雰囲気。
当時の電化製品や家具のデザインがとっても新鮮で好き。
木のからくりオモチャやオルゴールは、職人技と想像力に感動。
特に男の人が飛び付きそうな、ミニカーのケースが充実。

一角にぬりえコーナーがあり、当然参加。
ちびっこたちがじろじろ見てきたけど、気にしないよーだ!
久しぶりのクレヨンは、懐かしい甘い感触。

さらに仙台市電のショートフィルムを見て、二つのことを決意。
①仙台の市電保存館に行く。
②次の旅行先は市電の走る街だ。


「山下清展」

これが本日の目的。
貼り絵しか知らなかったのだけど、ペン画や油彩画、陶器にいたるまでその才能が発揮されていました。
日本中を放浪して歩き、旅先で見たものを作品化しているのは有名ですが、
ヨーロッパを旅して描いた作品もたくさんあるのは初めて知りました。

後期になればなるほど細かい作業。
何分観ていても飽きない。

作品の間に山下氏ご本人のコメントが書かれてあり、それがすばらしいです。
「大仏を拝めと言われたけれど、ぼくは拝んでどうなるかは分からないから拝みません」
「東京タワーができてエッフェル塔が世界一の高さじゃなくなり、パリの人たちは悔しがっていると思ったら、高さよりそこから見えるパリの街の美しさを誇りにしていて、展望台はエッフェル塔の方が高い位置にある」
「みんな爆弾の代わりに花火を作れば戦争なんかにならないのに」
などなど
純粋、正直かつシンプルな彼の独特の目線には、はっとせざるをえません。

藤崎で19日まで開催されています。
おすすめですよー。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-03-15 23:57 | 朝顔

energy source

d0103548_2345268.jpg

おいしい顔!!

うふふふふふふふふふふふふ
スッポンの甲羅からコラーゲンを貪り食べるのよ~♪

昨日は貧血を起こしてしまったから、いろいろ補給。
心臓も肝も頭も深雪嬢に譲ってもらった。

明日はツルピカお肌になっていますように☆


美保か桃か迷ったけど、結局、桃にしたよ。
身なりがね…。
[PR]
by momo-rose-fish | 2008-03-13 23:45 | 向日葵