ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

カテゴリ:向日葵( 71 )

d0103548_1914933.jpg


d0103548_1924385.jpg




こんなビーチに建つ、老舗のホテルが「タンジュン・サリ」です。

ロケーションと、とても落ち着いた雰囲気が最大の魅力です。



到着したのは日が落ちてから。

d0103548_1962562.jpg


向こうにレセプションが見えます。


こんな、緑の回廊の奥に部屋があります。

d0103548_1945566.jpg



夕飯はビーチに面したレストランで頂きました。

サテが最高に美味しかった!

この時期のバリは湿度がさほど高くなく、潮風が快適。

家族連れも恋人同士も一人旅の人も、皆思い思いにくつろいで、

ゆったりと食事とアルコールを楽しんでいました。


わたしは徹夜明け後の6時間フライトだったので、夜はぐっすり眠りました。

そして朝は鳥の声で目覚めました。

小雨が降っていましたが、朝日の登るのを見て、

貝を拾ったり

d0103548_1993341.jpg



砂浜を散歩したり。

d0103548_1912474.jpg



その後、プール脇の特等席で、一時間くらいかけて朝食をとりました。

d0103548_19162878.jpg


ちょうどカエルの石像の手前に見える空間で、海とプールの両方が見えます。


d0103548_19241853.jpg


d0103548_1925817.jpg



こちらのホテルのスタッフさんは、本当に素晴らしかったです。

心地よい距離を保ちつつ、必要なときはさっと手を差し伸べてくれる感じ。

朝早くからもくもくと掃除をしている姿が印象的でした。



d0103548_19292664.jpg


d0103548_1930282.jpg



ライブラリがあるのが素敵!

とてもいい時間が流れました。


お昼寝をしてチェックアウトした後は、スーパーへ!


d0103548_19362040.jpg


この道を抜けるとすぐにメインストリートです。

わたしは旅先でスーパーマーケットに行くのが好きです。

食料やビールを買って、ウブドへと移動しました。



この時点でまだ24時間たってないのに、

最高に贅沢をしたような気分でした。

夜行人間のわたしが朝6時にはりきって起きる…

最初の一泊をサヌールにして大正解でした。


来年もここに戻れますように。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-09-25 19:42 | 向日葵

バリの朝、緑の庭

d0103548_09432.jpg


d0103548_0102847.jpg


d0103548_0104573.jpg


d0103548_0111840.jpg


d0103548_012163.jpg


d0103548_0124489.jpg


d0103548_013884.jpg


d0103548_0133442.jpg

[PR]
by momo-rose-fish | 2013-09-25 00:15 | 向日葵

バリの朝、海辺


d0103548_23174044.jpg


d0103548_23222571.jpg


d0103548_23205259.jpg


d0103548_2315785.jpg


d0103548_23242530.jpg


d0103548_2325278.jpg

[PR]
by momo-rose-fish | 2013-09-24 23:26 | 向日葵

2013年の白地図

子どもの頃から、地図にはロマンを感じています。

小学校で習う地図記号も、ほぼ趣味として覚えました。
どこか旅行に連れて行ってもらう前には行き先の地図を予習して、
等高線から「なるほどこの辺はゆるやかな丘か」などと
頭の中で立体化しながらわくわくしたものです。

ちなみに、地図上にあるとテンションあがるのは
史跡、城跡、神社、竹林、果樹園です。
神社が竹林に囲まれていたりするとたまりません。

何も描かれていない真っ白な地図を埋めていくのもまたロマンです。
日本地図に県名と県庁所在地、世界地図に国名と首都を
記入させるテストや宿題が大好きでした。

白地図に、訪れたことのある場所をぬっていく遊びも好きです。
子どもの頃はこれを世界地図でやってやろうと思っていましたが
日本以外にぬれるのはまだ3ヵ国のみ。

でも日本地図ならもうけっこうぬれるはず。
ちゃんと住民票を移して住んだところだけでも5府県以上あるし。
と思って数えてみたら、25都道府県でした。
(※通過だけはノーカウント、ちゃんと1泊以上したところのみ)

これを今年度、どのくらい増やせるかな、と考えると楽しくなります。
とうのも、今月は本当に慌しくて、4月だけでも大阪から
兵庫(神戸までしか行ったことなかったけど、姫路に行った)、京都、秋田に
赴いていていて。
残念ながら仕事みたいなものか家庭の事情で、旅行ではないので、
純粋に旅に出たい!
という欲求が高まっています。

船に乗りたいです。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-04-25 22:37 | 向日葵

d0103548_2382177.jpg


毎年4月22日は聖霊会、
聖徳太子の御霊を慰める、四天王寺で最も重要な行事だそうです。

「12:30から何時間かかけて夕刻まで石舞台の上では四天王寺一山衆僧による声明と、天王寺楽所による雅楽が繰り広げられます。」
とのことでしたが、実際、五時を過ぎても雅楽の音は響いていました。

舞楽を生で見るのは初めて。
と言ってもかなりの人出でちびっ子のわたしにはなかなか見えませんでしたが…
演奏を生で聴けて、それが一日中境内に響いているのは
雅で壮大な異空間を感じられて、今日行って本当に良かったです。

ここ三年雨だったそうですが、今日は晴天!
陽射しが強くて、それが逆光で、あまり雰囲気が伝わらないかもしれませんが

d0103548_237271.jpg

d0103548_2372066.jpg


これは裏から撮りましたが…この奥で演奏されています。

d0103548_237513.jpg



舞楽は継承者が少ないという問題があると聞いたことがあります。
舞ならいくらでも伝承に貢献したい、打ち込みたい、と思うのですが…
どんな環境にある方々が、どこで習っているんだろう。
わたしはむしろ羨ましいです。


さて今日は久しぶりにtentoさんでお買い物しました。


d0103548_23174597.jpg


やさしい色で、長く着られる色。
ピンクや水色を際立たせたら春らしく可愛い感じになりそうだし
帯によってはうんと地味な感じにもなりそう。

自分の趣味で買った着物はあまりなかったのだけど、
tentoさんに出会って自分の好みがはっきりわかりました。


最近わたしは
「洋服着慣れてないでしょ?」と衝撃的なことを言われたのですが、
tentoさんのところで頂いた着物や帯のコーデを写真でお見せしたら
「着物姿見てから洋服姿見ると、確かに洋服は着慣れてない感じ」
と言われました(笑)

最近バタバタ出掛けて忙しかったり体調悪かったりであまり着物着ていないので、
ステキ着物で気分をあげていこうと思います。


それにしても、日本舞踊やりたい!
ちょっとでも舞を見ると、禁断症状が出てきます。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-04-22 23:33 | 向日葵

春ごはん

「うすいえんどう豆」


スーパーで初めて見たのですが、

関西では春の旬野菜として親しまれている食材だそうです。

東日本にはあまり出回っていないと聞いて納得。

さっそく豆ごはんを作りました。



d0103548_214021100.jpg



ほくっとしていてやさしい味です。

グリーンピースよりも甘みがあって、クセがなくて、美味しい!


そして野菜プレート。

写真の色がおそろしく青みがかっていて怖いのだけど…


d0103548_21423381.jpg



トマトと大葉のサラダ
かぼちゃサラダ
ほうれん草の胡麻和え
小松菜のナムル

体調がイマイチで、肉や魚を食べる気力がわかなかった。


今回のかぼちゃサラダは絶品!

ツナを入れることが多いのだけど、これは

玉葱、ハム、そしてアーモンドスライス。

玉葱には酢、オイル、塩胡椒で味付けしておくと、もったりしない。

そしてなんと言ってもアーモンドスライスの食感。

これがあるのとないのとでは大違い!


…うすいえんどう豆ごはんの美味しさに感動したはずが、

かぼちゃサラダについて語ってしまいました。


先週は暖かくて、外に出ると花のいい匂いがして

散歩したり梅を見に行ったりしたいのだけど

はっきりと目に見えるほどの大気汚染

10分もいると呼吸器が悲鳴を上げて目も痛くてしかたない。


ある意味

目に見えない大気汚染のほうが怖いのだけどね。

ないことにできちゃうから。



というわけで、せっかくの春を外では満喫できないので

せめて食卓では感じたいと思います。


うすい豆ごはん、おすすめです。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-03-10 22:02 | 向日葵

神社と古墳と御成の茶室

三連休は毎日仕事で幸せな桜です。
今日の授業は遅い時間だけなので、堺の名所を歩いてきました。
というわけで、久しぶりの堺紹介日記です。

今日訪れたのは方違神社。
「ほうちがい神社」と読みます。

d0103548_20591070.jpg



その創建は公式HPによると

人皇10代崇神天皇5年、国内に疫病が流行し多くの民が死亡した。これを憂いた天皇は、同8年12月(紀元前90年)勅願により物部大母呂隅足尼(もののべのおおもろすみのすくね)を茅渟の石津原(当地)に遣わせ、須佐之男神を祀らせ給うた。すると疫病は途絶え五穀は豊穣となったといい、これが方違神社創祀の起源とされる。

とのこと。
こちらは摂津、河内、和泉の境の三国山(現在の三国ヶ丘)にあり、三令制国のいずれにも属さない地、「方位のない地」であるとして、古くから方位、地相、家相などの方災除けの神社として信仰を集めてきたそうです。
そして三国の「境」こそが「堺」という地名の由来です。


「方位がない」ことと関係があるのか、東側の参道は不思議な道です。
ちょっと写真が暗いですが

d0103548_2121878.jpg


わかりますか? 五叉路になっています。
行きと帰りは違う道を歩きました。

d0103548_2172753.jpg



五叉路の参道とは反対側の鳥居の隣りには、高級カステラと和菓子の工房「江久庵」があります。
こちらの三階には屋上デッキがあり、そこからの風景を見せて頂けると聞きお願いすると、館内全体を案内してくださいました。

なんとデッキ正面に

d0103548_21123152.jpg


反正天皇陵(田出井山古墳)が見えます。
仁徳天皇の第三皇子で、第18代天皇です。
前方後円墳のちょうど「後円」の部分。

d0103548_212211.jpg

d0103548_2125543.jpg


わたしは、特にこの左側のカーブが好きです。

もともと三階はお客さんの入らないスペースとして作ったそうですが、
こういった風景をきちんと見せてくれるのは親切だと思います。


また堺ゆかりの茶人、千利休の茶室を約420年の時を経て復元した「朝雲庵」もあります。

腰掛待合から見た中門と茶室。
d0103548_2127365.jpg


茶室前から見た待合。
d0103548_212825100.jpg


このお庭の感じがとても好きです。
冬の植物が品良く配されていました。
夏の苔むす頃も見てみたい。

印象的だった灯篭。
d0103548_21363137.jpg

下の部分が十字架になっています。
隠れキリシタンの作った灯篭で、横の部分は抜き出すことができるしくみ。
命がけの信仰ですね。


床の間。
d0103548_2129152.jpg


心落ち着きます。
もっと堪能していたかったけど、見学自由というわけではないのがちょっと残念。


この後は「江久庵」一階の喫茶室「利休」で美味しいお茶を頂きました。
窓越しの反正天皇陵を背景に、茶室や庭を見ながら優雅な時間を楽しめます。
贅沢な空間でした。


堺というのは本当に歴史好きにはたまらない街です。
今日は古墳時代から安土桃山時代までの遺産を一箇所で見ることができました。


暖かくなったらもっとゆっくり庭園を見に行こう。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-02-10 21:49 | 向日葵

堺蚤の市

堺市では月に一度、産業振興センターで蚤の市が開かれているそうです。
先週初めて知って、今日、さっそく行ってきました!

骨董市や蚤の市では「安いからといって」買わずに、
本当に欲しいもの必要なものをイメージして、予算も決めて行きます。
実はそのほうが満足度が高いからね。


今日の予算は2,000円!

・縮緬の帯揚げ
・割烹着
・小引き出し
・小物入れ
の4つに出会えたらいいなあと思って出かけました。


ところが!

足を一歩踏み入れるなり!!

トラップにひっかかってしまった!!!


d0103548_14293796.jpg


まあこれはしょうがない。

いいの、ぬりえは。

ショウワノートだし。

特にツボだったページをおすそわけします。

d0103548_14295522.jpg


いしけりっていうのがいいよ。
ルール忘れたけどやったような気がする、子どものころ。
わたしはゴム跳びが好きだったな。

もうひとつは、奥のステレオの懐かしさ。

d0103548_1430928.jpg



さて、ここを過ぎてホールに入ると、すごい人人人。
一気にメガネ曇った。

どこにどんなお店があるのか把握するために
精力的なオバチャンたちの間をぬって会場を一周、
している間に一目惚れしたのが

d0103548_14303258.jpg


ステキ小物入れ。
アンティークとは思えないくらい綺麗。

見た瞬間きゅーんときて、その後会場をさまよっている間ずっとこの
きゅーんが褪せることなくこだまし続けたので、迎えに戻った。
どうも六角形に弱いな。
これは帯留め入れになります。


そして
今日一番嬉しかったのが割烹着を見つけたこと!
どんなに安くても2,000円以上はする割烹着、しかもワンコイン!

d0103548_14304773.jpg


という訳で割烹着のほか、こちらのお店では
衿芯、羽織紐(めっちゃ可愛い!)、帯締めも購入。

アクセサリー状の羽織紐は
「あんた、着物きれるん?」と聞かれて
「うん!大好き!」
「アンティークとか買うてんの?」
「あんま買わない。着物いっぱいあるけどほとんどおさがり。」
と言ったらいきなりぐっと値段を下げてくれた。
なんか、大事に使いそうに見えたのかな。
そんで自分で安くしたのに何回もニコニコ「良かったなあ。」と言ってきた。
おばちゃんありがとう。

ほかに、かなり気に入って何度も開けたり閉めたり引き出しを出して
シミュレーションしたりした古い小引き出しがあったのだけど、
ほんの僅か、運命を感じるに至らないなにかがあった。
こういう時は近い将来、もっと良い出会いが待っているということだ。


ところで会場には着物屋さんもけっこうあって、中には
大きなビニール袋に詰め放題1,000円とかをやっているところもあったけど
シートにぐちゃぐちゃに山積みの着物を誰かがふんでもおかまいなし。
何かの素材にするならまだしも、あれを身に纏おうという気にはなれない…。

やっぱり着物や帯は、愛情を持って一枚一枚大事に売っているところがいいな。
と改めて思ったのでした。


まとめ。

新古品、美品ばかりのお買い物だけど

・ぬりえ  100円
・小物入れ 200円
・割烹着  500円
・羽織紐  300円
・帯締め  400円
・衿芯   100円

合計   1600円


予算内で充実のお買い物!

しかも宝物が増えた(おもにぬりえ)!!


堺蚤の市、四天王寺骨董市ほどのカオス具合はなく整然としていて
クオリティの高いものが意外なほど安く買えるのがわかった。
わたしはカオスのほうが面白くて好きだけど。
数ヶ月に一度は行ってみようかな。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-01-27 16:30 | 向日葵

和食器が大漁で、ほくほくしてお隣りのアンティーク屋さんへ。

覚えててくれたー♪

d0103548_13102379.jpg


奥の優しい笑顔の方ではなく、手前に立ってるのが呑んだくれ店主。

商品は本当にステキなものばかりでどんなに見ていても飽きない。
いろいろ手にとって妄想してたら

「桃ちゃん、なんも買わんでええから、呑んでき。」
とカップ酒をくれた。
「おっちゃん、この間はたくさんごちそうさま。」
と玉こんにゃくをさし出すと
「また来月来るねー言うてほんまに来てくれる人、おるようでようおらん。」
と喜んでくれた♪


おっちゃんは今日も朝からかなりのビールを呑んでいるようだったけど、
真剣にティーカップを選んでいるお姉さんにいろいろと説明しているのを見たら
おお!店主だ!

そしてお姉さんは4客買おうとして、手持ちの現金が足りないのに気付き
近くのATMを尋ねるも道が分からない様子。
それで2客だけ買うことにしたらおっちゃんが一言「かまへん!」

お姉さんがびっくりしていると
「もう2客ぶんは来月持ってきてくれたらええから!」
と言って4客包んであげていた。
かっこいい。

わたしはあのお姉さん、ちゃんと来月来ると思う。
みんなで珈琲飲んだ。


そしてわたしもお買い物。

d0103548_1311353.jpg


ガラスの器3枚と

d0103548_13121539.jpg


梅のもようのアンティークお茶碗!
可愛い!!
一目惚れしちゃって、買う予定なかったけどつい。

一日でどんだけ食器買ってんだ、一人暮らしデビューか、
というくらい買った(りもらったりした)けど
予算の半額以下で趣味のものまで買えちゃったからラッキーだな♪


結局今日もごちそうになってまけてもらったので、お礼に撤収作業を手伝い
腰痛のおっちゃんの腰を踏んできた。
…やたら女性のお客さんに体重聞くのでなんだろうと思ったら、
42kgに踏まれるのがベストらしい。
わたしは足りないけど人の苦しいところはわかるので、首までふみふみ。
小学生の時にパパの背中に乗って以来だ。

背中合わせのお店のお父さんが来て「顔も踏んでやり。」と言いつつ
おやつくれた!

d0103548_13123480.jpg


手伝いをした小学生にお駄賃をあげるように。
今回はもらってばかりだー。
そしてこれ、とっても美味しかったので、今度はそのお店で食料調達しよう。


帰り道。

すでに人影もまばらな境内を歩いていると、撤収中の人たちの会話が耳に入る。
商品を効率良く売るための棚の配置やディスプレイの仕方を真剣に議論する若者や
自分たちの場所の不利さを愚痴るおじさんたち。
露店もいろいろだー。

でもわたしが好きなお店は、だいたい店主がいい意味でいい加減。
商品を選んだけれども店主が見当たらずキョキョロしてると
「ここにおんで~」とすごい遠くから手をふって近付いて来て
「半額でおっけ~」とワンコインを受け取るとまたふらふら消えてゆくおじさんとか、
朝から夕方まで店の奥で呑んだくれているおじさんとか(笑)

わたしはこのゆるさがいいんだなー。
露店でガツガツ商魂剥き出されると近寄りがたくて。


というわけで四天王寺骨董市2回目の今回は、
縁日の活気とはかけ離れた雰囲気だったけど、じゅうぶんに愉快でした。


大阪遊びに来たい方、21、22日を旅程に入れると楽しいですよ~。

由緒ある仏閣と骨董市で、朝から一日大阪らしさを満喫できます!
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-01-23 15:21 | 向日葵

d0103548_229217.jpg


今月も行ってきました、四天王寺骨董市。

初めてだった前回はtentoさんという明確な目的地がありましたが、

今回は「お皿を買う、できればステキなやつ。」


もともと、大に中をかねてもらったり中に小をかねてもらったり

料理の和洋を無視したりするほど少ない枚数だったのを立て続けに割ってしまい、

この日が来るのを待っていたのです。


でも今朝は雨。

ただでさえ22日は21日に比べてお店の数が減るうえ、平日の雨。

正午くらいに止んだものの、こんな午後はお店もお客さんもさぞ少なかろう

と思いつつ、なぜか今日はいい出逢いがあるという強い予感があって。


13時半に着いてみると、案の定まばら。

おかげで今日は南門をくぐるとすぐに、すんなりとお赤飯が買えました。

店じまいをしているリサイクル着物屋さんの前を通ると、

すでに完成された荷造りの端っこに、ぽつねんと置かれた帯締めの箱が。

初めから破格のお値段。

どこか汚れているか弱っているのか、いくつか手にとってじーっと見ていると

店主のじいちゃんが 「もう100円でええわ~その箱のぜんぶ。」

ええっ!?

「もう今日は雨やししまいやし疲れたしな~」とうつろに言うので

d0103548_22272775.jpg


とても便利で使いすぎたため去年処分したクリームベージュと

ずっと欲しかった便利な芥子色 の2本をゲット。

両方傷み一つないし、芥子色にいたってはいわゆる新古品。

幸先いい出だしです。


ここからは食器を求めて少ない露店をくまなく歩く。

何が何だかカオスなお店のカオスなダンボールから発掘したキセキのセット

d0103548_22411114.jpg


たち吉です!

贈答用の箱に綺麗に収まっていて、デパートだったら3,000円くらい。

「もう店閉めるし、300円でええわ。」

やったね~。


あとは深さのある和食器、

だけどその前に

前回コーヒーとビールと日本酒をご馳走になったおっちゃんの顔を見に行こう。
(2012年 12月 22日の日記参照)

名物の玉こんにゃくを2本買って(ここではオマケをもらった!)向かうと

おっちゃんのお店の隣りにステキ和食器屋さんが!


100円コーナーから

d0103548_232153.jpg


形も大きさも欲しかった感じ。


300円コーナー見てると「100円にしたるわ。」と言うので

d0103548_2324576.jpg


梅はかわいいし竹は格好いいしで迷ってたけど両方!


さらに500円コーナーで

d0103548_2361479.jpg


きれいだな~和風のパスタにいいな~と妄想してうっとりしてたら

「う~んもう今日だけ今だけ、100円!!」


えええっ!?

これには思わず飛び上がって喜んでいると、

「特別にこれもつけたるわ。さっきまでは1,000円やってんで。」と

d0103548_23113730.jpg


箱入りの、天目の珈琲カップセットをどーんとつけてくれました!

ふとっぱら!!


昨日は息子とお店やってたらお客さんに孫とまちがわれたと沈んでおられましたが

わたしはおじさん、かっこいいと思います!


そして隣りの呑んだくれのおっちゃんのとこに向うのですが、

長くなったのでつづく。


よく骨董市では値切れと言われます。

でも今回は雨あがりの閑散とした午後だったためか、

よくきたねーというあったかい空気で、

(あるいはヤケクソな感じで、)

お店の方からどんどん安くしてくれた。

人であふれてないから店主ともいろいろ話せるしのんびり見て吟味できるし、

おかげでこれ以上ないほどの充実したお買い物になりました♪

本当に楽しかったなー。


どこのサイトにも「初日の朝早く行くべし。」と書いてあって、

そりゃあそのほうが良い物をゲットできるかもしれないけど、

たまにはこんなほっこり骨董市もいいな、と思います。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-01-22 23:22 | 向日葵