ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

カテゴリ:藤( 49 )

おっしょさんからの電話

最初に電話を受けた時は仕事中ですぐに切ったのだけど

声の響きですぐにおっしょさんが病院に居ることが解った。

きっと入院中なんだと思うと、掛け直すまでの二時間、

心配で心細くて怖かった。


仕事が一段落してから一時間半くらいお話をした。

やはり入院中だったが、

「個室だから快適なの。
暇だから振り付けしてるわ。」

とおっしゃるので仰天し、くれぐれも無理はしないでくださいとお願いをした。


今度私に踊らせたい曲についてのお話だった。

膝が悪くなってからずっと石巻には行っていない。

一昨年の秋が最後だったかな。

日舞は見た目の優雅さに反してかなりハードなところがあるが、

「その曲はふんわり踊るのよ。
腰をがっつり落とさないからイケる。」

とおっしょさん。


もう踊りはもう完全に諦めていたが、入院中の師匠に色々励まされてしまった。


おっしょさんの言葉はいつも印象的で、今回は

「家にこもって仕事と家事だけしてないで、余計なことをやりなさい。
貴女は余計なことができる人。」

というフレーズにびっくりした。

確かに"余計なこと"にだいぶ力を注いできた人生だ。

「余計なことをしてないと、貴女の中の情緒やロマンが死んでしまう。」

という言葉にはもっと驚いた。


私は踊りがヘタだけど、おっしょさん曰く「踊りに情緒がある」らしい。

私はいつも先輩方の2割くらいの稽古量で舞台に立ってきたので、

自分の踊りなどとても客観的には見られないし、必死度100%で余裕がない。

しかも稽古では叱られてばかりなので、とりあえず長所があると知って嬉しかった。


「もったいない、そこまでいったのにもったいない。」

とおっしょさんはいつもおっしゃる。

ここまで猛スピードで叩き上げたのに、肝心の舞台に出せないなんて

というのが本音のご様子だ。

光栄で恐縮で、自分でもすごくもどかしい。


無事に手術は終わっているとはいえ、

病室で舞台や振り付けの構想を練っているおっしょさんの気力たるや。

厳しい世界にいらした方は心の強さがちがうなあ。


私も当たり前に歳を重ねているうえ膝はプラス30歳分の劣化ぶりだけど

おっしょさんから見たら私は孫世代。

「そんなに若いのに引きこもってちゃロマンが消える。」

と言われると、自分でも気付かぬうちに閉じていた目をガッと開かされる思い。




昨年始めた新しい仕事に関連して5つ以上のサイトを作ったのだけど、

踊りのことになるとここに帰ってきてしまいます。
[PR]
by momo-rose-fish | 2016-02-22 17:51 |

舞台終了

やっと終わった。

やっと。

昨日は早朝に起きて

石巻→岩沼→(舞台本番)→仙台→東京。

これを着物姿で大荷物付きで、というのがまず想像を絶する負担だった。

舞台そのものより移動の疲労とストレスそして脚の痛みで、

二度と踊りたくない!という心境。


日舞は大好きだし、社中の方々尊敬してるし

沢山の方にお世話になって感謝の気持ちでいっぱいだけど、

代役でしかも一人だけ遠方からの参加だから稽古不足で、

間違ったりはしなかったけどすごいギリギリ感だった。


おっしょさんには何度も荷が重い、間に合わない、と訴えてきたけど

稽古見てると本番を成功させそうだから大丈夫とおっしゃる。

プレッシャー半端なかった。


芝居の舞台は正解が一つじゃないけど

踊りは正解が一つだから、もっとちゃんと稽古したかったな。


嬉しいことも感動したこともいっぱいあったのに

今日はこんな内容しか出てこない。

明日はもっといいこと書こうと思う。


とりあえず無事に終わって良かった。

ありがとうございました。
[PR]
by momo-rose-fish | 2014-11-10 18:25 |

久しぶりの舞台

久しぶりに日舞の舞台に出演してきました。

名取の皆さんが何ヵ月もかけて作り上げてきた作品に、

たった3回合わせただけで出演しなければならないプレッシャーは

実に恐ろしいものでした…。


稽古に行きたいのに行けない、でも本番は着々と近づいてくる。

怖かった~!!!

社中の方々のレベルが高すぎて、珍しく逃走したくなった…。


石巻入りできるのは本番前日。

今回ばかりは絶対に間に合わないと思いましたが

前日の稽古でたっぷりしごかれ、

当日の朝になると妙に落ち着いて

失敗しないような気になったのだから不思議なものです。

師匠はわたしのこの図々しい神経を買っていらっしゃるのでしょう。


どう考えてもこれは無茶ぶり…としか思えない抜擢をされるたび、

「師匠は務まると思わない人には頼まないものよ。」

と説得され、楽観的な桜です、

「そっかーわたしはやればできる子なのねきっと!」

と捉えてきました。

しかし我が師匠の「務まる」=「しごきに耐えられる」

なのではないかということにようやく気付きましたよ…。


でも、なんといってもやはり、

親切な姉弟子の方々が居てくださればこそ、

どうにかなんとかなったのでした。


どうにもなんともならないようにしか思えなかったなあ、2日前まで。

はー。

今考えてもぞっとする。


もういっこ、以前の日記でも書いたけど

左脚を見ても相変わらずぞっとします。

これ誰の脚!?というくらい腫れあがっていびつ。


石巻の舞台に出演させて頂くのは4年ぶりなので、

しみじみしたこと、感激したこと、たくさんあるのですが。

頭に靄がかかってぼんやりした日記になってしまいました。

またすぐ書きます。

今でも楽しみにしてくださる方、ずっとありがとうございます。


台風、気をつけてね。
[PR]
by momo-rose-fish | 2014-10-13 02:38 |

ピンチヒッター

ご無沙汰しております。

久しぶりすぎて投稿の仕方を忘れてしまったほどですから、
どれくらいの方がこの日記を読んでくださるのか分かりませんが…
お元気ですか。

わたしは元気です。

先週から東京にいます。
大阪よりずっと涼しい!

急展開の後には急展開が続くもので、
いきなり舞台の出演が決まってしまいました。

日本舞踊のほうです。

石巻の社中は震災後お弟子さんが減ってしまい
稽古場は再建されましたが
おっしょさん(師匠)は寂しくまた大変な思いをされています。

何しろ筆頭名取の方と、男役が最も上手な方という、
舞台をやるうえで両輪となる方が石巻を離れることを余儀なくされたからです。

しかしおっしょさんのところには舞台の依頼が次々舞い込みます。
年中休みなく新しい舞台を作っていらっしゃいます。

11月の舞台はお手伝いに行くつもりでしたが、
出演できなくなった名取さんの代役を頼まれてしまいました。

その流れで10月も出演することになりました。

わたしは2011年にやめたので、3年半ぶり…
出演する方は全員大ベテラン…
完全に足を引っ張るパターンです。

しかしおっしょさんは
「出られるか考えてくれない?」
などと生易しいことはおっしゃいません。

「もうみんなで貴女しかいないということになりました。」
と宣言されるのです。
このあたり、魚類の薔薇の主宰も得意とする戦術です。

数年前にも、急病の方のピンチヒッターを頼まれたことがありました。
大役過ぎて断りたかったけれど、本番直前。
とにかく打席に入らざるを得ませんでした。

今回は三ヵ月前にスタメン宣告されただけまだよいのか…

つらつら思い返してみるに、
幼稚園の頃からやたら代打を頼まれてきました。
いきなりクリーンヒットなんて打てませんが、
ユニフォームぐちゃどろにしながらなんとか生還してきました。

今回もがんばりますか。

尊敬する人たちががんばってるから仕方ないです。

日々の練習には通えませんが、
短期集中、合宿で揉まれに行きます。

ありがたいことに今は自分のペースで仕事ができるので
人様のお役に立てるよう、
恩返しができるよう。
[PR]
by momo-rose-fish | 2014-07-28 17:51 |

石巻合宿決定

10月6~9日の4日間、

石巻に泊り込みで踊りの稽古をすることになりました。

前後に東京、仙台など寄れたらと思います。

会いたい人いっぱいで困っちゃう。


昨日また病院だったのですが、

熱は治まったものの、

血液検査の結果はあまり良くありませんでした。

特に、鉄欠乏性貧血。


健康診断のたびに貧血はひっかかってきたので

ふだんから食事の栄養バランスなど気をつけているのですが

食事だけではどうにもならないくらい

いろいろな数値が基準値に遠く、

いろいろな錠剤やドリンクの助けも借りつつ

もっと徹底して治したいと思います。


今、ふつうの人の10倍疲れやすいということは

今の自分の10倍タフになれるということでしょう?

がんばりますよ。
[PR]
by momo-rose-fish | 2013-09-22 23:56 |

ラジカセの怪

もう死語だと思っている方もいらっしゃるでしょう。
でも 日舞の稽古では 必需品です。
わたくし愛用の「ラジカセ」がこちら。
d0103548_22381728.jpg

小柄で色白で可愛いですね。
カセットテープが懐かしく思われるかもしれません。

この子がですね、今、こうして台の上に載ってますよね。
こんなふうに ただ 置いてあった わけです、その時も。

ええ、それは…

わたしが、PCでMichael Jacksonの“Smooth Criminal”をかけた時のことです。
しばらく休んでいた きつい筋トレを昨日再開したばかりで、
今日は筋肉痛に支配されておりましたから、
ストレッチ前にテンションを上げようとしただけなのです。

ただ それだけ なのに …

スピーカーからイントロが流れるやいなや、

きゅるるるるる~~~~しゅるるるるる~~~~

という奇妙な音が、どこからともなく聞こえてくるのです。

はじめは外から聞こえるのかと思い、窓を閉めました。
するとその奇妙な音はいっそう大きく響くではありませんか!

Michaelも止めて、耳を澄まします。

部屋の中を ぐるっと 見渡します。

ふと かすかな震動を感じ 目を 向けると…


そうです。

音の主は このラジカセだったのです!

誰も触れていないのに、突然「巻き戻し」のスイッチが入っていたのです。

洋物聴いてる場合か!
三味線の音聴けや!!


そう叱られたかのような衝撃でした。
タイミングがタイミングなものですから…いえ、
しんとしている時に鳴り出していたら それはそれで あれですけれども。

巻き戻ったテープはしばらくの間

しゅー カラカラカラ… しゅ、しゅー カラカラカラ…

と まだ何か言いたげに 呻いていました。


心臓が そうとうバクバクしたのは、言うまでもありません。

本日 衣替え、夏の始まり ということで、
世にも奇妙なノンフィクションをお届けしました……
[PR]
by momo-rose-fish | 2011-06-01 23:01 |

津波で自宅兼稽古場が半壊したおっしょさんは石巻を離れ、
わたしの兄弟子にもあたる親族の方のもとに避難されています。

ときどき手紙を書いたり、
携帯をお持ちになってからは電話をさしあげたりしています。

今日、たった今、おっしょさんから小包が届きました。
開けてみると、こんなに可愛らしい半幅帯が!

d0103548_1164365.jpg


でも、よく見ると、ところどころにシミが目立ち、裏面の緑は赤茶けています。
一目で、津波をかぶった物だとわかりました。

「この帯は、以前から貴女に差し上げようと思っていた品でした。
それが被害を受け、何度も何度も洗ったのですが、なかなかきれいになりません。

美しくはなくなりましたが、災害を生き抜いた帯ですので、
運が強いのではないかと思い、やはり貴女に差し上げることにしました。」

おっしょさんの手紙にはそう、書かれていました。
(実際、流されてしまい見つからない品々のほうが圧倒的に多い。)
そして

「大勢の姉様人形は藤石会の人達です。
もちろん、貴女もその一人です。
どうぞ、ずっとその仲間でいて下さい。」

泥と油のあとがたくさん残る、
でも洗剤の良い匂いだけがするこの帯と
おっしょさんの言葉に、泣けて泣けてしかたがありません。
[PR]
by momo-rose-fish | 2011-05-13 11:40 |

仙石線

この5年間、わたしにとってのお花見は

仙石線の車窓から するものでした。

多賀城あたりの川沿いの桜並木は、晴れた日に見るととてものどかで

うすいピンクと黄緑色、淡いブルーのコントラストが優しかった。

松島以北の山の斜面に、そっと咲く桜も大好きでした。

そして何駅だったかな

かなり石巻に近い 快速の停まる駅には

古くて大きな桜の木が一本、どこまでも枝を広げていました。

そのどっしりと大らかな桜の下に 電車が停まる数分間、

つぼみのふくらみ具合と 踊りの完成度を重ねて

がんばらなければ と自分をふるいたたせたものです。

毎年4月の第3日曜日が「花まつり」の本番

石巻ではまさに桜が満開の頃が 舞台だったから。

いつも桜に追いつけなくて、焦ってばかりいたけれど。


あの桜の木は津波を生き延びただろうか。


石巻に近づくほど

何駅も流され 線路がなくなり すべてが変わり果ててしまった。


車窓からは松島湾や運河、北上川の河口を臨み

手を伸ばせば海に触れられそうな景色を走る仙石線。

日本人ぜんいんがあの風景を見られたらよかったのにと思います。

地形が変わり、同じ場所に線路を敷くことはできないそうです。

美しかったな ほんとうに。

すきま風の厳しさと 圧倒的に綺麗な眺め。


思い出と思い入れがありすぎて

気持ちや感情は やっぱりまだ書けません。 
[PR]
by momo-rose-fish | 2011-04-11 21:56 |

杜劇写真館オープン!

先月終了の『杜の都の演劇祭』写真データを大量に頂きました!

出演者たち♪
d0103548_16455767.jpg

スタッフの方々、そして花はんのおかみさんと♪
d0103548_1647574.jpg
おかみさんの猫ポーズは貴重です!
おつきあいくださりありがとうございました。
何度見ても八巻さん(前列一番右)の猫ポーズと笑顔がかわい~♪

我ら花はんチームのライブの様子をmixiにアップしました。
どうぞご覧くださいませ。
マイミクじゃない方は…申請してください!
mixiやってない方は…始めてください!!

撮影はすべて佐々木隆二さん。
昼の回撮影後、会場で衣装を干していたら
「あなたすごく面白かったですよ~。
でもこうしてみるとふつうの女の子なんだねえ。」
とおっしゃっていました。
たくさんの迫力写真をどうもありがとうございました!

こんなのから
d0103548_16374228.jpg

こんなのまで
d0103548_16384235.jpg

または

こんなのから
d0103548_16395919.jpg

こんなのまで
d0103548_16403384.jpg


かなり愉快な写真館になりましたよ。

制作担当のトムさん、本当にありがとうございました!
[PR]
by momo-rose-fish | 2011-02-27 16:54 |

廓の恋は

d0103548_23562749.jpg
金持って来い!
いっそもわっちゃしにんすえ

↑この部分をラップにしたしーちゃんのセンス最高☆

プログラムEチーム全体の「金持って来い」ポーズは
データを頂いてから載せることにして。
今日は日舞に使った小道具たちと。

d0103548_2358823.jpg
まず羽子板。
「羽根の禿」の登場シーン。
ちんどん塩釜の方にお借りしました。
ありがとうございました!

d0103548_23591130.jpg
そして「十日戎」の福笹。半田の手作り。
紙粘土で作ってくれた飾りでは戎様のお顔が秀逸でした!

d0103548_003270.jpg
「十日戎」の2,3番と「さわぎ」はお扇子。
(手の位置がもっと下じゃなきゃ…)
千秋楽の日、要の部分にリポビタンDをこぼして一所懸命ふいた。
べとべとがなかなか落ちなくてあせった…

お着物は麗華さんに頂戴した中振り。
自分ではぜったい選べない色です。
わたしが「羽根の禿」を稽古しているのをご覧になって
「この着物で踊らせたい!」とピンときたんだそうです。
実現して嬉しい。

料亭のお座敷で踊ってほしいと言われた時は
無理!と思ったけど、お師匠さんも喜んでくださって良かった。

まだまだ未熟なわたしが褒めて頂くのはいつも、振り覚えの早さ。
でもそんなこと、お客様には分からないし、どうでもいい。
じゃあ何ならできるだろう、と考えた時
「貴女は耳がいい。間を外さない。」と言われたことを思い出して
そこだけは死守しようと思って踊りました。
後半になってようやく、もっと大事なことに頭がいくようになりましたが。

もっともっとうまくなりたいと改めて思いました。
せめて芸と呼べるくらいに。

そしたらお座敷、呼んで下さいな。
[PR]
by momo-rose-fish | 2011-01-12 23:59 |