ブログトップ

冷蔵庫~魚類の薔薇~

ellegance

d0103548_2564771.jpg

日舞のお師匠さん・京寿美先生にお会いすると、人間の品や格について考えさせられる。

玄関だけでも
のれんを二月毎に取り替える。
額の絵は二週間に一度。
常に季節の花が飾られ、小物が配される。

月謝袋はきれいな包装紙を利用したお師匠さんのお手製で、一人一人違うデザイン。
(これは年がゆくほど地味になるらしい。あたしのはまだ桜色。)

身体だけではなく、言葉を美しく操る術も知っている。

通うたび、五感すべてのアンテナがふるえる。


人は一人きりでは成長できないから
影響を受けたい人のそばにいる。
[PR]
by momo-rose-fish | 2007-01-19 02:56 |